Don't Touch Me I'm Sick

処方薬、アルコール、咳止めシロップ及び合法ドラッグ依存症のクソみたいな通院履歴。

彼女の姉。

いつだって、抱きたい女は彼女の姉だ。

絶対に手に入らないから。

満たされるとうんざりしてしまう。モテるいい女のくすぐったくもない甘くて柔らかい言葉が耳に突っ込まれるとうんざりしてくる。幸せすぎて胸がいっぱいいっぱいで、逆に疲れてくる。

だから俺はいつだって満たしてくれない女としか付き合わない。それに、いい女のいい言葉はただの都合いい嘘だ。

いっつもそれにハマってしまうのが問題なんだよな。だから俺みたいなやつはキャバクラに行くとやべーと思う。

いつだって俺は風俗でビミョーな女に当たるようにして来た。いい女に当たってしまうとウンザリするから。

ビミョーな女はビミョーな女でウンザリするけど、それはそれでいい。それがいいんだ。

愛知県の三十路手前の女は最高だった。でも体は汚かった。だから本当に最高だった。

大阪の140kgぐらいのデブ女も俺の理想に近かったが、いかんせんデブだった。だからこそ本当に良かった。

わかる?

AKBのストーカーのニュース見たんだけど、アホすぎるな、って笑ってしまった。

手に入ってしまえば終わりだろ、いい女って。手に入らないからこそいい。

元カノの姉に散々遊びでからかわれてた時は本当、幸せだった。

あんなにヤリたい気持ちにさせられたことは無かったな。間接キスだけでドキドキ出来た。読モやってたっけ。めちゃくちゃキレイだった。

俺は部屋にポスター飾るほど好きなファッションモデルが居るんだけど、その人とセックスしたことがある。

大学入ってからずっと好きで、なんとか知り合えてからも俺はその人とセックスなんて考えもしなかったし、デートなんてしようとも思わなかった。

そんなことよりもその人が生きててくれれば満足だった。つまり、ファンだ。ただの。

が、俺はヤってしまった。

なんとなく、うんざりしてしまった。

手に入らないからこそリアルだった。

憧れは憧れのままでいい。

俺は憧れた人の歩んでる人生を歩んでるが、とてもじゃないけど自分のキャパと合わない。無理がたたって辞めてしまった。憧れた人の真似をし続けたら女にモテたけど、それは俺がモテてたわけじゃなかったから。

そのあと、俺の外面とかテキトーにモノマネみたいにつく嘘を無視して好きになってくれた女が居て、そいつのことは本当に好きになった。でも、俺のそのモノマネしてるところまで全部好き、なんていうか、困惑した。

今の俺の女は俺がクスリやってると嫌がる。だからすげー好きだ。

それにめちゃくちゃ愛情表現が下手くそだ。そこがまたいいんだ。

最高にいい女だったら、最高にいい女で常に居てくれないと気が滅入ってしまう。

でも、好きな女だと、欠点も許せるし満足出来るんだ、満足出来ないってことに。

本当に欲しいものは手に入らないから欲しい。手に入ったらもう、目標がなくなってしまう。

だから、憧れのアイドルとかは、誰かの彼氏であった方が案外楽に生きられるもんだよって俺は思うんだけどね。

アイドルもモデルも人間だろ。女は女だ。

だったら俺は好きな女と付き合いたい。

アイドルが好き?液晶で話す、虚構のそいつの何を見て好き、だなんて抜かせるんだ。

嫌いなところがあってこそ好き。そういうもんだと俺は思うよ。