Don't Touch Me I'm Sick

処方薬、アルコール、咳止めシロップ及び合法ドラッグ依存症のクソみたいな通院履歴。

天王寺のおばちゃん

俺はいつものように病院で薬をもらった。

帰り道、なんとなーく歩いて帰ろうってことになって、付添人のエイキと一緒に帰った。

俺は吐き気がしていた。イライラしてたまらなかったからひたすらエイキと何か話していた。

谷九のドラム屋さんに入ることにした。

ボンゴ、俺はこいつに一目惚れした。他のボンゴも叩いてみたが、合わない。

こいつは、俺だ、俺の天使だ、そう思って値段を聞いたが店員も値段がわからないという。

俺は手持ち12500円だった。

長い電話の結論は6000円。

俺は買うことにした。

「ブスを見るとテンション下がる。」

なんて言いながら叩く。

谷九から天王寺までボンゴを叩き続けた。

昨日のネカフェに忘れ物があったから取りに行った。

茶色のワイドパンツに黄色いタイダイみたいなTee Shit。

世の中出会いに溢れてるもんだ。

エレベーターにて

「4階です。」

おばちゃんは押してくれた。

「すいません、ありがとうございます。」

 

「かっこいいですね!お二人共、いやー、かっこいい。」

 

世の中出会いのチャンスに溢れてる、。

おばちゃん、ありがとう、俺は今幸せだ。